学生バイト代103万円の壁と両親の扶養

特に学生アルバイターの方が知っておきたいのが年間のアルバイト収入103万円の壁です。この103万円の壁を越えてしまうと、両親の扶養から外れてしまいます。この場合、本人の税金は当然ですが、親の税負担も増加して家族全体では大きな負担になる場合もあります。
ここでは、バイト代と税金、扶養について分かりやすく解説していきます。
パートさん(主婦)の方の103万円の壁については「主婦・パートの103万円、130万円の壁」をご参照下さい。

スポンサードリンク

学生アルバイトは年収103万円が一つの壁

学生さんの場合、ほとんどの場合あなたは両親の「扶養家族」という位置づけだと思います。
扶養家族というのは、世帯主によって「扶養(養われている)」家族という意味です。

しかし、扶養家族の条件というのは所得が無いことです。もし、収入がある場合には扶養家族とはみなされません。その基準となるのが年収103万円なのです。

なぜ年収103万円が一つの壁なのでしょうか?それには「所得」と「収入」の違いがあります。所得というのは、課税対象となる収入のことを意味しています。
通常、収入があっても一定額までは「控除」というものがあり税金の計算上収入から差し引くことができるのです。

通常は「給与所得控除:65万円」+「基礎控除:38万円」の二つが控除の対象となります。この合計額が103万円です。つまり、年間の収入が103万円を超えた場合、その人には「所得」があるとみなされて親の扶養から外れてしまうのです。

扶養から外れるとどうなる?

では、実際に親の扶養から外れたらどうなるのでしょうか?
それは、 親の税金負担の増加です。例えばお父さんが扶養者だとしましょう。お父さんは扶養者がいると「扶養者控除」という税金の控除枠があります。
もしも、あなたに所得があり扶養親族でなくなってしまうと「扶養者控除×税率」分、お父さんは税金負担が増えてしまうことになります。

勤労学生控除の存在

さらに制度をややこしくしているのが勤労学生控除という控除です。これは働いている学生に対して27万円の所得控除が得られるというものです。そのため、学生さん自身には先ほどの103万円+27万円=130万円までは税金がかかりません。
それ以上収入があった場合に初めて税金がかかります。

まとめ。学生の収入と家庭全体の課税状況

学生(あなた)のバイト代(年収)と家族、あなた自身と扶養者(家族)で見た場合の課税状況です。こうやってみると、あなたの収入は基本的には103万円までに抑えるのがベストといえるでしょう。
もっとも、100万円とか小さな単位ではなく300万円も400万円も稼げるのであれば話は別ですが、100万円前後の年収というケースでは、親の扶養に入っている学生の場合は103万円以下に抑えるべきです。

あなたの収入
扶養者の税金
あなたの税金
0万円~103万円 変化なし 課税額ゼロ
103万円~130万円 扶養から外れて税金がかかる 課税額ゼロ
130万円~ 扶養から外れて税金がかかる 税金がかかる+社会保険料

 

注意点

いくつか質問がでそうな項目に回答しておきます。

  1. 複数のバイト先で収入をもらった場合は?
    A.1年間のトータルのバイト代を合算します。

  2. 勤労学生控除は学生なら全員受けられるの?
    A.一定の条件があります。正確な条件は「タックスアンサー(国税庁)」へ。

  3. どんな収入であっても103万円が壁になるの?
    A.給与所得の場合のみです。それ以外の収入がある場合は異なります。
スポンサードリンク